ブックメーカー比較ランキングを勝手に作ってみました

ブックメーカーの比較ランキングを
作ってみました。

完全に独断と偏見に満ち満ちていますので注意してください。
そこらへんは理解していただけると嬉しいです。
このランキングはこのブックメーカー比較おすすめランキング
参考にしてく作成してみました。。

ブックメーカー比較一位:ピナクルスポーツ

最近のブックメーカーは日本語に
対応してくれていますので日本語
が完璧というだけではありません。

なんとアービトラージを
公式でみとめてみくれています
なのでどんどんして稼ぐことができます。

ブックメーカー比較二位:BET365

こちらは生中継でスポーツを
観戦することができますので
生粋のスポーツファンにおすすめすることができます。

ブックメーカー比較三位:ウィリアムヒル

こちらは安心感と信頼感が全く違います。
最もブックメーカーのなかでも歴史を持っていて
実際に店舗を構えています。

なので安全性を大切にしたい方はこちらですね。

ブックメーカーとは、どんなところ?

ブックメーカーとは、どんなところなのでしょうか。
知らない人が聞くと「本屋さん?本を作っているところ?」
などと思うかもしれませんが、簡単に言うと、
「賭け」をするところです。ギャンブルですね。

ギャンブルと聞くと、違法なことを想像される方も
いらっしゃいますが、ブックメーカーというものは
合法的に運営されています。日本で言えば、
競馬やパチンコなどが法律で認められているように、
ブックメーカーも違法性はありません。

日本代表がサッカーワールドカップに
出場したときにテレビのワイドショーなどで、
「イギリスのブックメーカーがつけた日本が優勝するオッズは◯◯倍」
という話題を聞いたことがありませんか?

また、イギリス王室でキャサリン妃が女の子を
出産したときにも、その子の名前について、
ブックメーカーがオッズをつけて賭けの対象にしていましたよね。

このように、世の中で起きている
あらゆることを賭けの対象にしているのが
ブックメーカーなのです。

ブックメーカーは日本では認められていないため、
「賭けてみたいのになあ」と思いながら話を聞いているしかなかったのですが、
最近ではインターネットを利用して海外のブックメーカーを利用することが
できるようになっています。

大手サイトなどは日本語にも対応していますので、
日本にいながらにしてブックメーカーに賭けることができるのです。
女子サッカーワールドカップ、テニスの錦織圭選手、
ゴルフの松山英樹選手などに賭けることもできるのです。